【感想】2018年9月 歌舞伎座秀山祭「河内山」

某掲示板に「 巧すぎてしらけるほど巧かった 」と書いた方がいらしたが、まさに仰る通り。

 

吉右衛門はもちろん、他の俳優も含めて、これほど高品質な「河内山」は私の生涯で観ることはないだろう。

いぶし銀の地金がシルバーじゃなくてプラチナだろう!というか。

しかしハイレベルすぎて、至芸に感心するのに五感を使い尽くしてしまい、「『ワルだけど庶民の味方』が巨悪に勝った!」とスカッとする余裕が無いのである。

 

ただし、もともと私は「河内山」と相性が悪く、楽しみにして客席についているのに、いつもうたたねしてしまう(ひどいときは、冒頭から寝て、「馬鹿め」に沸く客席の声で目覚めたくらいである)。

数年前に吉右衛門で観て、その翌年に幸四郎(当時)で観て、「ああ、吉右衛門はマジメなんだな」と思った。

どちらも途中でうたたねしつつ観ていたのであるが、「江戸の粋」というのか、サラリと演じる吉右衛門に対し、幸四郎の河内山は「オレはワルだぜ」という心が常に出て、高僧に扮しているときも”ニセモノ感””ハリボテ感”をけっこう出しているのであるが、客席には元々ネタが割れている話であるからか、それがちょうどいい感じなのである。程よいくどさというか。

「山吹色のお茶」の帛紗をそっと持ち上げたところに大名時計が鳴ってびっくりし、辺りを見回すしぐさなど、大袈裟と見る人もいるだろうが、なかなかチャーミングであった。

吉右衛門の河内山はもっと、さりげなく、粋人なのである。

 

今回初めて、居眠りせずに最後まで観ることができたのだが、

「ものすごいレベルの高い芸をみた」ことと、

それに対する自分の情感の起伏の少なさに戸惑っている。胸のうちをどう言葉にすればいいのか分からない。

 

JUGEMテーマ:歌舞伎

 

 

 

【感想】2018年9月 歌舞伎座秀山祭「鬼揃紅葉狩」

箇条書きで。

 

・正面に囃子、下手に常磐津、上手に竹本、床に初めは御簾内で箏が、のちに大薩摩。

・松羽目風の、松と紅葉の景色。どちらも主張しない、どっちつかずの感じ。

・常磐津のオキがなんともへっぽこで、がっくりと気が抜ける。素人が思うくらいだから相当なものである。

・錦之助の維茂、美しく華やかである。

・幸四郎、更科の前の時点ですでに「殺る気」に満ちた面構えである。宴席で舞い始める前の「見渡せば都の花にはあらねども」が男の声とも女の声ともつかない(鬼女の声なのか?)

・男山八幡の末社女神(東蔵)・男神(玉太郎)の共演は玉太郎の初舞台(平成18年)以来とのことで、意外な気もする。

・鳥羽屋三右衛門は、大薩摩としての出演時は東武線太夫と名乗るようだが、大向こうは「三右衛門!」「三右衛門!」とかかっている。この方のご先祖に「東武線大夫(あずま ぶせんだゆう)」という方がいらしたようだが、当代は「とうぶせんだゆう」で、スカイツリーラインを想起してしまう。

・床での大薩摩2挺2枚、思ったほど迫力なし。浅葱幕なし、演奏後に特に景色が変わることもなし。

・鬼女と眷属たちが姿を現し、維茂主従との立ち回り。眷属が維茂たちを取り囲んだり、それぞれ切り結んだり(眷族は刀ではなく杖だが)するときの配置の美しさに感心(三階席だったので、上から観るとこうなっているのか、というのがよく分かった)。

・刀を抜いた途端、存在感が急上昇する隼人。

・眷属たちの毛振りは、合っているようないないような、意図的にずらしているようないないような。よく分からない。

・鬼女たちは退治されるというストーリーだが、最後、舞台の中心にいる鬼女からの殺気がものすごく、まだまだ戦いは続く!といった風情である。

 

JUGEMテーマ:歌舞伎

 

 

 

 

【感想】2018年9月 歌舞伎座秀山祭「祇園祭礼信仰記 金閣寺」

7月初め、歌舞伎美人の公演情報に福助の名を見たときは驚いたが、

「金閣寺」 慶寿院尼という配役に唸った。

決して軽い役ではないが、台詞は少ないし、座ったまま動かなくてよい。

(一瞬、「竹にくくりつけられて脱出するのは大丈夫なのか」と思ったが、それは文楽のほうだった)

演目自体も、まあ雪姫は大変な目にあうのではあるが、あまり人も死なないし、重いテーマをはらんでいるわけでもない。

雨樋で碁笥を取ったり屋体がセリで上下したりとダイナミックな場面もあり、登場人物はそれぞれ見せ場があるという、舞台復帰狂言にふさわしい華やかさである。

初代吉右衛門も東吉を演じていたから「秀山祭」で出してもおかしくない。

素晴らしい目のつけどころである。

 

そして、児太郎の雪姫。父の復帰の舞台で大役に初挑戦となれば、彼の人生における大きな節目となるのは間違いない。

赤の他人であるが「どうか力を尽くして頑張ってくれ・・・!」という気持ちになる。

 

開演。

松永大膳(松緑)は「国崩し」というには線が細い気もするが、東吉(梅玉)はじめ皆それぞれの役柄を違和感無く演じていて、落ち着いて観ていられる。雪姫も悪くない。特に心に残ったのは狩野之介直信(幸四郎)。直信の演技としてこれが良いのか悪いのかということは分からないのだが、短い出番でしっかりと印象に残った。

 

いよいよ爪先鼠である。

個人的には、

「これから処刑される直信に『命あるうちに、敵は松永大膳と伝えたい』という心情が理解できない」

(死の直前にそんなことを聞かされても、恨みつらみが増幅するばかりで、直信が余計に苦しむだけなのでは)

「雪舟の故事(涙で描いた鼠が縄を喰い切った)のくだりが、あまりにも説明的な台詞でしらける」

という理由で、入れ込めない場面なのであるが、どうしてどうして、なかなかのものであった。

 

「雨を帯びたる海棠桃李」という表現に負けない美しさ、そのたおやかさの中にある芯の強さ。それだけではない。

雪姫は、高貴な出自の「姫君」ではない。かつて慶寿院の腰元としての働きを将軍足利義輝に褒められ姫という名称を許された、そして雪舟という画聖の血筋で自らも画力で奇蹟を起こす、いわば資質上の姫・天性の姫である。その神秘的な雰囲気が伝わってきた。

見巧者からすればまだまだなのだろうが、素人目には大満足である。

 

 

そして、福助の姿に、場内は割れんばかりの拍手である。

決して熱心なファンではないが、私も大きく手を叩いた。

もちろん、福助の歩む道はこれからも平坦ではないだろうが、

病を得た俳優が、五年の時を経て舞台に戻ってきた、そのこと自体が素晴らしいではないか。

身近な人の、リハビリの壮絶さを思い出し、目頭が熱くなった。

 

 

JUGEMテーマ:歌舞伎