5年前の御園座 猿翁・猿之助・中車襲名披露

2018年春、名古屋では中日劇場が閉場し、御園座が再開場と相成った。

杮落としの高麗屋襲名披露公演は初日から賑わっている由、めでたいことである。

 

前の御園座での観劇は1回きり、そのときの回想。

 

2011年に御園座の建替えが新聞発表された後、債務超過・事業再生の報道などもあって、本当に再開場できるのかと危ぶむ声も多かった。

拙宅から御園座は遠いため縁の無いまま過ごしていたが、このまま無くなるかもしれないなら一度は目にしておこうというつもりで訪れた。

 

2013年3月 御名残御園座 二代目市川猿翁・四代目市川猿之助・九代目市川中車襲名披露 三月大歌舞伎

外観はまさしく「昭和のオフィスビル」。

ロビーや売店は更に時間が巻き戻ったような年季の入りぶり。絨毯など色褪せていたのではなかったか。

ただし、話題の役者を観ようと、かなりの客入りであったので、侘しさはそれほど感じなかった。

 

客席扉を開けると、それまでの古寂びたイメージから一転、鮮やかな朱赤が視界を占領。圧倒的であった。

 

 

猿之助へ福山雅治から贈られた祝幕。

報道の写真で見たときは特に何とも感じなかったが、実物を目の当たりにすると、なかなかのものであり妙に気に入った。

(隈取部分の写真を、しばらく携帯電話の待受に使っていたほどである)

 

後方下手寄りの席だったが、それほど観難くもなかった。座席は千鳥配置だったか。

 

昼の部:小栗栖の長兵衛

    黒塚

    楼門五三桐

夜の部:春調娘七種

    ぢいさんばあさん

    口上

    義経千本桜

 

夜の部を観て一泊、名古屋の友人と逢うため昼の部は「楼門五三桐」だけ観劇。

「ぢいさんばあさん」中車の美濃部伊織が予想以上に良く、新歌舞伎から入るという戦略が当たり。

「義経千本桜」猿之助の宙乗り狐六法で場内は大いに盛り上がったが、芝居中はこの人の才気煥発さが強く出てしまっていたか、子狐は哀れというより賢しらに見えたのが残念。

「楼門五三桐」猿翁の真柴久吉、一時代を築いたこの人の演技を生で観られるのはこれが最後だろうという気持ちで胸が一杯に。熱心なファンというわけでは全く無かったのだが。

 

JUGEMテーマ:歌舞伎